Home > 林檎電脳 > はじめてのiTMS。

はじめてのiTMS。

Tamayu023

いつものように、WKAR 90.5FMを聴いていました。MSUの運営するFM局です。北米の、一地方ラジオ局を、ほとんどリアルタイムで聴けるのは、とても贅沢なことです。彼の地はそろそろ、美しい黄葉と紅葉に彩られるはず。深夜のサイバーカフェで、キーボードを叩いているはずのを思いながら、流れるクラシックに耳を傾けていました。

不意に流れてきたのは、J.S.Bachでした。Bachと言えばGlenn Gouldしか知らず、他のものはほとんどと言って良いほど知りません。聞き憶えの無い曲ながら、明らかにBachと判るその旋律に、つい、耳を奪われたのでした。

時間差を置いて公開されたプログラムによると、Christoph Eschenbach指揮・ピアノ、Hamburg State Philharmonic Orchestra演奏による、「2台のピアノのための協奏曲」でした。Amazonで調べたところ、Deutsche Grammophonレーベルから、CDが出ていることが判りました。

インポートものしか無さそうだと判って、CDショップに立ち寄ることは諦めました。Amazonに表示された入荷までの日数は、約2週間。「結局、有りませんでしたぁ!」と言われそうな気配が濃厚。とは言え、他に手段は無し…….。ま、「果報は寝て待て」と言うのだから、ここはひとつポチっと…..

と、不意に「iTMSはどうなのだ?」と閃いたのでした。

もとより、期待などしていませんでした。ずいぶん以前、iTunesが出回り始めた頃、ストアの品揃えの貧弱さに、「これは使えんな。」と思ったからでした。

加えて、”CD”という媒体やライナーノーツなしに、「音楽だけ」を購うなど、当時の私には考えられませんでした。ですから、仮に品揃えが豊富になったとしても、お世話になることは無かろうと思っていたのでした。

で。ダメもとでiTMSにアクセスしてみました。ブラウザでクラシックのジャンルをクリックします。すると左下にCOMPOSERを列挙したコーナーがあり、BachはMozartに次いで2番目に挙げられていました。

そこをクリックすると、なんと669件がヒット。「こんな海の中から探せと言うのか…..」と、絶望的になりました。なにしろ、この画面には検索窓が無く、絞り込みようが無いのです。

しかし、明らかにインポートものと思しきジャケットが、ズラリと並んでいます。「これはもしかして可能性があるかも知れない……」、そう思ってクリックし続けること数回。先程、Amazonで見つけたのと同じジャケットがそこにありました。しかも、Amazonよりも安い。

手帳に控えていたApple IDを入力し、iTMSへの登録を済ませ、迷うことなく「購入する」を押していました。そこで初めて、複数回のコピーができることを知ったのでした。あぁ、なんて、衝動的……。

で、いま、聴いています。そう言えば、最近、音楽を聴くのは、もっぱらコンピュータからなのでした。自宅のCDラジカセは、既に15年以上が経過しています。車のカセットが壊れて以来、CDをテープに落とすことも無くなっていました。

越えてはならない一線を、あっけなく越えてしまった気がします。HDDの増設を考えなければならないかも知れません。

Tamayu042

Comments:6

sus 06-09-30 (Sat) 15:32

ごぶさたです。
わたしも最近、はじめてiTMSを利用しました。
80年代の井上鑑ソロアルバムCDを探していたのでした。アナログ盤は持っているのですが、これのために周辺機器類を購入するというのもさすがに躊躇われ・・もしやと思いiTMSを検索したら見つかったのでした。
実際にダウンロードしてみて音質はiPodで聴くぶんにはスタンダードというところでしょうか。ちなみに手持ちCDは192k(MP3)でエンコしています。
話はかわりますが昨年、手持ちのCD約500枚あまりをiTunesにエンコ、ほぼ全てを売却しました。
iPod導入した時もそうだったですが、さらに何というか生活が変わったような気がしています。

marmotbaby 06-10-02 (Mon) 20:40

susさん、こんばんは。返信、遅くなってすみませんでした。
そうですか、susさんも、一線を越えちゃいましたか(笑)。
なにがうしろめたいかと言って、ライナーノーツもジャケット写真もなく、音楽を「データ」として購ったうしろめたさは、簡単に拭えるものではありません。「音質」へのこだわりを、いとも簡単に放棄している自分にも……。
エアチェックに血道をあげていた、かつての自分は、いま何処…..? もちろん、そこに振り向けるべきエネルギーを、仕事に回していることは、あるいは幸福なことかも知れません。
しかし…..iTunesに食べさせた後、本体を売却とは…..そこだけは、私には真似できそうにありません。もちろん、持っていると恥ずかしいCDは別ですが(苦笑)。
恐いのは、この先、iTunesでの購買が常態化しそうなことですね。よほどセーブしなきゃ行けません。

sus 06-10-09 (Mon) 1:51

レス遅くなってしまいました。実は一昨日まで東京へ旅行へ行っていたのでした。
いつもお気遣いありがとうございます。
一線を越える、たしかに自分ひとりでここまでは徹底するのは・・やはりトリガーというか、大きな衣装ボックスぎっしりのCDを見た同居人曰く「これ何とかしてよ」と(苦笑)
つまりは自問自答になるわけです。 CDのサウンドクオリティで本当に媒体で残しておきたい音楽は何、と。結局、手元に残したのはパットメセニーなど20枚くらいで残りは全てエンコ後に売却、その資金で大容量 HDDを購入したのでした。
ライナーではないけれどアルバム内容を述べたwebページもある、ジャケ写はアマゾンで見ればいい・・多分にこじつけもありますが(苦笑)どんどん整理していったわけです。結果できあがったiTunesライブラリの総量60GB・10000曲。これがiPodに丸ごと入るわけで当初はとても戸惑いを覚えましたが日が経つにつれ罪悪感は薄れていきました。ああこうしてどんどん堕落していくのですね(汗)

marmotbaby 06-10-13 (Fri) 0:55

susさん、こちらこそ、返信がたいへん遅くなって申し訳ありませんでした。
CDが決して「半永久的」ではないことを知ったのは2年くらい前のことだったでしょうか。そういう神話は、いまでは完全に崩壊していますよね。その点では、複数箇所にコピーできる「データ」として音楽を所有している方が、はるかに半永久的かも知れませんね。
Pat Methenyを残しておられるのは正解です(笑)。そのなかに、”Secret Story”が含まれていることを祈っています。
しかし、衣装ボックス1個分がiPodに早変わりですか…….。ここのところ、新しいCDを買う気がしないのは、棚がいっぱいだから、という現実的な理由もあって…..。しかし、モノとしてのCDを手放す気には、なかなかなれません。1枚1枚、買ったときの思い出が残っていて…..。ただ、この先、新たに買うものは、よほどのモノでない限り、CDではなくデータを買うことになりそうです。妙なクセを憶えてしまいましたから(苦笑)。

sus 06-10-22 (Sun) 15:37

たいへんレス遅くなってしまいました。コンピュータを東京旅行に持っていったのですが、帰ってきてから急に調子わるくなり思いがけずリプレース、昨日やっと新しいマシンが届いたところです。
Pat MethenyはECM時代のものは残してあとは売却しました。残念ながらSecret StoryはアルバムCDは売却してしまいましたが同アルバムのライブDVDは持っていますよ!殆どアルバム同様の演奏で、わたしPMGコンサートも何度か行っておりますが、ライブの演奏クオリティは驚くほかありません。
まぁ衣装ボックスについては2箱ぶんぎっしりでしたからシュミのない人から見れば邪魔なものにしか見えないでしょうね(苦笑)けっこういい売却金額になったので、ほか楽器も持っていますが知らないうちにヤフオクに売られてしまわないように気をつけます(汗笑)

marmotbaby 06-10-23 (Mon) 21:27

susさん、こんばんは。
Secret Storyのライブ映像が在るとは知りませんでした。貴重な情報、ありがとうございました!
知人の話です。老夫婦で、ご主人は大の釣り好き。道具も目から火が出るほどの高級品がズラリと在ったようです。しかし、その方の没後、奥様は、売り払うどころか、すべて「燃えないゴミの日」に出したのだそうです。
お互い、カミさんには、「没後にしてね」と言うことにしましょう(笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/09/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%aeitms%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
はじめてのiTMS。 from memoranda

Home > 林檎電脳 > はじめてのiTMS。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top