Home > 思惟 > 帰れない。

帰れない。

  • July 19th, 2006 (Wed) 20:27
  • 思惟

Oki0154

予報通り、未明には雨が止みました。陽が高くなるにつれて晴れ間がのぞき、夕方には爽やかな風が吹いていました。しかし、予想通り、湖の水位は上がり続け、午後には市の中心部が浸水しはじめたようです。

すでに、朝の通勤時にも、駅周辺の幹線道路が冠水していました。尋常ではない渋滞を訝りながら、それでも車を進めたのですが、トンネルを抜けて坂を下りきったところには、これまでに見たこともない光景が広がっていました。

沿道の商店では、土嚢を積み上げ始めたばかりの様子でした。近くの川に架かる橋の上で、警察や周辺の住民が、心配そうに川面を見詰めています。たまたま車に積んでいたFA+85mm f2で何枚かを収めたのですが、あまり気持ちの良いものではありませんでした。

夕方、職場の同僚が教えてくれたところでは、川に架かる5本の橋のうち、通行できるのは1本だけだそうです。そのせいか、職場周辺の道路には、車が数珠つなぎになっています。この場所から見る限り、微塵も水害の気配は無いのですが、中心部は相当にひどい模様です。

職場は橋の北にあり、自宅は南にあります。どちらも水害とは無縁の、比較的高台にあります。しかし、いまから帰宅しようとすれば、浸水した場所を通らねばなりません。ましてや、好んで渋滞に巻き込まれたくもないので、しばらくは職場でこのまま様子見です。

渋滞はしているものの、人の動きが緩慢なためなのか、妙な静けさが漂っています。とても不思議な心地です。

地方局のローカルニュースは、派手みせのする被害ばかりを伝えていて、生活に必要な情報は、あまり報道してくれません。バスが午後から全面運休になったことを知ったのも、職場のメールを通してでした。

やはり、昭和47年以来の水害だそうです。しかし、その被害の甚大さに比べ、地方局の流すニュースはあまりにも貧弱でした。迂回路や通行止めの箇所を示す交通情報、避難場所の情報、水位の推移や予報など、独自の判断でひっきりなしに流しても良さそうなものですが、それよりも、相撲の行方が気になるようです。映像の必要無いラジオでさえ、この有様です。

想像ですが、地域住民に報せるよりも、東京に伝えることのほうが優先しているのかも知れません。

Oki0131-1

Comments:2

M.Niijima 06-07-20 (Thu) 10:57

常ならぬ状況にお見舞い申し上げます。今後も警戒が必要なのでしょう。十分お気をつけください。

marmotbaby 06-07-20 (Thu) 23:27

M.Niijimaさん、ご心配いただき、ありがとうございました。
おかげさまで、私個人や身近な同僚には、なんの被害もなかったのですが、暮らしている土地にこのようなことが起きるのは、やはり気持ちの良いもではありません。
夜になって、再び雨が降り始めています。なんともやるせない気持ちになります。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/07/%e5%b8%b0%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
帰れない。 from memoranda

Home > 思惟 > 帰れない。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top