Home > 文具 > 赤と黒。

赤と黒。

Oki0025

離島の写真に戻ります。空調の無い自室のことを考えると、このGWが液温管理に煩わされない、最後の機会だったかもしれません。秋までお預け、と言うことになるでしょうか……。

さて、それはさておき、「赤と黒」。

今月号のLapita 6月号の付録は「Lapita 限定万年筆『赤と黒』」でした。偶然立ち寄った本屋さんで、逃げ遅れた最後の一冊を確保。その足で、他の書店も歩いてみましたが、並べた後に即完売という勢いだったようです。

もちろん、地方ですから、入荷部数がそもそも少ないのですが、それでも、この人気は異常です。察するに、ネット・オークション目当ての買い占めが、方々で起きているのではないかと。1本、確保できただけでも、ありがたいと思わなければなりません。

前回の『ミニ檸檬』とまったく同じ軸、ペン先ですが、ペン芯に改良を加え、インク・フローを改善したとのこと。言われてみれば、確かにそのようにも思えます。ただ、もう少し細字にできなかったのかなぁ……。

もっとも、達人ともなれば、自ら別のペン先に交換し、またカートリッジではなく、コンバータを装着して吸入式にする方もいらっしゃるとか。「実用」にするには、いささか軸が重すぎるのですが、そこまでして「普段使い」にしたい気持ち、とっても良く判ります。

「980円の雑誌の付録」としては上出来、しかし、普段使いと考えると実用に耐えない…..そのもどかしさを「プレミアだから」で処理できない私は欲が深いのでしょうか…..?

Lapita Shopで販売される「赤と黒 逆バージョン(軸が黒、キャップが赤)」に、思わず反応してしまいました。こちらは24金のペン先とか。楽しみです。

Oki0028

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/05/%e8%b5%a4%e3%81%a8%e9%bb%92%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
赤と黒。 from memoranda

Home > 文具 > 赤と黒。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top