Home > 分類不能 > 続 続 権威と会釈。

続 続 権威と会釈。

Mi0075

いろんな解釈が成り立つと思いますが、私が頭を垂れたもの、それはある種の「権威」だったのかもしれません。もちろん厳密な定義に基づいているわけではありません。

また、実態として先方に権威があるとか無いとか、そういう問題でもありません。確かに、幼少の一時期、「にしきのあきら」を「格好良いお兄さん」と思ったことはありましたが、そのイメージはとっくの昔に時効を迎えています。

無視してそっぽを向く行為は、逆に誰よりも関心を向けている自分を晒すことと変わりありません。お辞儀をすれば、その気も無いのに相手の権威を受け入れ、おもねっているように見えます。かといって、「そんな権威に屈するものか!」と過激な示威行動を起こすなら、たちまち制服を着た彼らのお世話になるか、傍目には了解不能のねじれた不平不満を陳列するだけです。

どうも「権威」とやらは、形はどうあれ、それに感応する者たちを、あっという間に武装解除してしまうようです。その対処行動が「黙殺」であれ、「お辞儀」であれ、はたまた「反旗の狼煙」を上げることであれ、そのどれもが(実態の有無は別として)、相手を「権威」のポジションに押し上げてしまう。

むしろ素っ気なくされる方が幸いかもしれません。嬉々として裸体を晒しているその眼前に「でんっ。」と姿見を置いた方が、慌てて衣服を身につけるとか、鏡の前から逃げ出すとか、すくなくも「意志」に基づいた行動を相手に促すことができるはずです。

私自身、経験は無いのですが、いわゆるサイン会に並んでいるときの気持ちとは、どのようなものなのでしょうか。転売目的やうっかり並んでしまった場合は別として、多くの人は「特別に扱われたい自分(相手の記憶に残る、親しく言葉をかけてもらう等)」と「所詮、流れ作業の一部にすぎない自分」とが綯い交ぜになった気持ちを抱くのではないでしょうか。

期待していたほどに相手にされなかった場合、その愛情が憎悪に変化することだってあるはずです。相手に非があるわけではなく、なんのことはない、裸体の自分を自覚させられただけのことなのですが。

京都地方には、「神さん構うな、仏さんほっとけ」という言い方があるそうです。「権威」とのお付き合いも、せいぜい、「会釈」程度に止めた方が無難なのかもしれません。やはり「お辞儀」は行き過ぎです。

もちろん、リアルな関係性を紡ぐには、多少のメンタルヘルスを犠牲にしても、「その先」に踏み込む覚悟が必要なのですが。

(了)

Mi0078

(明日から東京に出張です。2泊3日。その間、投稿とコメントへの返信ができませんがお赦し下さい。でも、飛行機、ホンとに飛ぶのかなぁ……)

Comments:2

MazKen 06-02-10 (Fri) 0:08

こんばんは。

>期待していたほどに相手にされなかった場合、その愛情が憎悪に変化することだってあるはずです。相手に非があるわけではなく、なんのことはない、裸体の自分を自覚させられただけのことなのですが。

■この半年、そんな恐さを実感しています。
プロ(単なる職業)という呼称とか、コンテンスとの引き受けざるをえなかった審査員とかで「先生」などと第三者から呼ばれ、書き込まれてニコニコできるハズもなく。
愛想が悪ければ、どこで何を書かれるやら…

私の構築する世界(Exhibition含)ぐらい、Artの個人主義と独立性、平等性を理解してほしい。私はイチ自由業者であり、○○協会や連盟所属の「先生」ではないのですから・・・

ア、こちらへ出張ですか。
私も大阪に来週行くんで、ペンスケ展の人も含めて片っ端から「会いましょう!」と連絡してます。物欲は無いのですが、いろいろな人と会い話すのは貪欲ですね。
そのために自由業を選んだのかもしれません。

marmotbaby 06-02-13 (Mon) 21:37

MazKenさん、コメント、ありがとうございました。返信が遅くなってすみませんでした。
今回の出張、同僚数人との缶詰出張でしたので、写真もたった1枚しか撮れませんでした(笑)。
私も機会があれば、是非お会いしたいと思っています。その折にはご連絡します。
それにしても、コンテストって難しいものですね。杓子定規があるわけではありませんから…..選ぶ辛さと選ばれない苦しみ。形は違えど「恋愛」に通ずるものを感じますね。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2006/02/%e7%b6%9a-%e7%b6%9a-%e6%a8%a9%e5%a8%81%e3%81%a8%e4%bc%9a%e9%87%88%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
続 続 権威と会釈。 from memoranda

Home > 分類不能 > 続 続 権威と会釈。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top