Home > 光画 > 逡巡。

逡巡。

  • December 15th, 2005 (Thu) 18:55
  • 光画

Hirosaki0031

「年末年始には焼付のできる環境を整えたい」と、以前のエントリーに書きました。しかし、師走の慌ただしさも手伝って、思うようにはかどりません。着々と準備を整えておられるioさんに比べ、なんと歩みののろいことか……。

白状すれば、その後、何も動いていないのです。何事につけ、取りかかりが遅いのです。始めてしまえば一気呵成に片付けるのですが、そこに至るまでの無意味な逡巡に、膨大な時間を費やしてしまいます。

また「並列処理」のできない性格も災いしています。「複数の仕事をこまめにコツコツ」など、いったいどうしたら出来るのか、いまもって不思議です。

まぁ、前置きが長いのはいつものこととして。

この逡巡の後ろにあるものを、私なりに整理してみると、その最大の要因は「部屋の片付け」にあります。しかも「機材の置き場を確保できれば良い」というものでも無いのです。

空きスペースを作るための作業工程を考えると、

1.雑誌類の整理
2.撮影済フィルムの整理
3.撮り溜めたVHSテープの処理

が待ち構えています。1.2.は容易にカタが付くと踏んでいます(空想の話です)。問題は3です。これをクリアできれば、相当のスペースが出来る予定ですが、そのためにはVHSを別のメディアに複写しなければなりません。しかし、そのための機材はありません。

したがって、DVDの単体デッキ、もしくはVHS+DVDの複合デッキが必要になります。しかし、いま、どの会社の製品が良いのか、まるで見当がつきません。また、DVDを導入すれば、今度はこれと接続するテレビが問題になります。

いま、我が家ではSony製の14inchを使っています。もしかすると、干支がひとまわりしているかもしれません。音声入力端子がひとつしかありません。そして、これまた15年近く経つSonyの「ゴク楽ビデオ初期型」を使っています。

これらをすべて買い換えて、時間の浪費でしかないVHS→DVDの複写をして、ようやく一定のスペースが確保できるわけです。しかし「単に複写できれば良い」というものではなく、ある程度のクオリティは維持したい。(たとえ3倍モードで録画したテープでも)。そのためには、たとえ高価な買い物でも、納得でき、長く使える製品を手に入れたい。しかし、そのための基本的な商品知識に欠けている…..。

カタログに書かれている内容が理解できなくなったのは、いったいいつ頃からだろう…..かつて、子どもの頃、お金はありませんでしたが、商品知識は吸い取り紙のように吸収していました。当時と比べて、今は豊かになりましたが、今度は知識の方が入ってきてくれません。

そうして考えているうちに「実はデジタル出力もアリではないか?」という、あってはならない妄想にも取り憑かれました。EPSONのMAXART PX-5500。これなら、スペースもプリンタ1台分を確保すれば済む話です。なによりテレビとビデオの買い換えを画策する必要がありません。また、買い換えに要するコストを考えれば、もしかするとMAXARTの方が割安かも。せっかく現役で動いてくれている「十年以上選手」を、たかが「複写」のために自ら率先して廃棄処分にする勇気は持てません。かわいそうで。

しかし、本当にデジタル出力に満足できるのだろうか? 憧れていたのは、現像液から「フワッ」と浮かびあがるときの、あの感動だったのではないか。もちろん、デジタル出力を蔑視するわけではありません(”走査感”への不安が拭えないのは確かですが)。「フィルムスキャナ派」を自認する以上、当然の選択のひとつです。

ただ、オプションや消耗品類にかかる費用を考えると、実はデジタル出力の方がコストが嵩むのではないか….とも考えるようになりました(細かく勘定したわけではありません)。ケミカル暗室機材なら、Yahoo Auctionで安価に揃えることが出来ます。それに、いずれ週末や休日だけ活動する素人プリンターですから、巨大なMAXARTはかえって邪魔なのではないか….と。

気が付くと、本格的な冬になっていました。築30年、最上階のカド部屋って、本当に冷えるんです。「片付けよりも、暖房器具か…..?」などと、こうして際限の無い逡巡を繰り返し、再び夜が更けて行くのでした。頭だけはフル回転のクセに、いっこうに物事がはかどりません。

Hirosaki0034

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/12/%e9%80%a1%e5%b7%a1%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
逡巡。 from memoranda

Home > 光画 > 逡巡。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top