Home > 電視 > 情報求ム。

情報求ム。

  • December 22nd, 2005 (Thu) 19:17
  • 電視

Hirosaki0045

先週末と先々週末の土曜日、NHKのドラマ『クライマーズ・ハイ』を観ました。日航機墜落事故の報道をめぐって、地元新聞社の様々な人間模様が交錯する、久々に見応えのあるドラマでした。

ストーリーそのものは「う〜ん…..」だったのですが、緊迫する展開と、それを演出するカメラワーク、映像の色処理は秀逸でした。そう言えば、NHKの土曜ドラマ枠って、かつてはいろんな「実験」に溢れていたよなぁ…..と。

もうひとつ、このドラマが素晴らしかったのは配役の妙でしょうか。とにかく、これほどまでにクセのある俳優さんを集めたドラマを知りません。思いつくままに挙げてみると、佐藤浩市、松重豊、光石研、岸部一徳、塩見三省、大和田伸也、寺島進、岡本信人、綿引勝彦、杉浦直樹…..。

主役の佐藤浩市が「とても純朴な好青年」に見えてしまうくらい、いずれ劣らぬカメレオン俳優の総ざらえといった様相です。これは本当に楽しかった。

そのなかで、どうしてもお名前の判らない俳優さんがいます。卵形のふっくらした輪郭、「バーコード」と言って差し支えない頭髪(すみません)、飛び出んばかりのギョロ眼、いかにも気が弱くてオドオドした雰囲気の身のこなし。かといって、そういう役ばかりではなく、他のドラマでは優しいお父さん役や極悪な犯人役も演じておられます。

う〜ん….お顔は浮かぶのですが、お名前が……。間違いなく、有名な俳優さんなのですが。

そういえば、以前、『探偵ナイトスクープ』で福本清三さんのことを知ったときは、本当にスッキリしました。よく調べてくれた!と拍手喝采したものです。

福本清三さんとは、『暴れん坊将軍』や『水戸黄門』など、様々な時代劇の斬られ役として、必ずと言って良いほど出演しておられる方です。立ち回りのシーンの中盤あたり、決まって主人公に斬られるのです。まさに「斬られ職人」。

いかにもヤサグレた素浪人風、頬がコケ、目尻がつり上がり、ケレン味たっぷりに斬られて行く….。当時、『ナイトスクープ』の探偵役は桂小枝。依頼者の「ぜひ『徹子の部屋』に出演させてあげて欲しい」との要望が見事に叶います。

その後、NHKの『にんげんドキュメント』での特集、映画『ラスト・サムライ』でハリウッドに進出!(『ラストサムライ』の公式HP(英語版)にあるお写真を拝見すると、素顔はこんなに渋くて優しそうな方なのだ、と判ります)。最近では「こんな平和、見たことない」というCMで、落武者の格好でメリーゴーランドに乗り、敵の武将と投げキッスを交わしています。

う〜ん、それにしても、気になります。『クライマーズ・ハイ』に出演していた、あの俳優さん。「情報求ム」。

Hirosaki0039

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/12/%e6%83%85%e5%a0%b1%e6%b1%82%e3%83%a0%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
情報求ム。 from memoranda

Home > 電視 > 情報求ム。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top