Home > 昔話 > 堪える。

堪える。

  • October 25th, 2005 (Tue) 20:55
  • 昔話

Crop0301

ウチの両親に言わせると、我が家の4歳児には「叱るところが見当たらない」ようです。言うまでも無く、その比較の対象は「私」です。そして両親は「これは間違いなく、カミさんの系列に属するものだ」と診断しています。

そりゃそうでしょう。他ならぬ我が両親だって、ご自身の胸に両手を当て、よくよく考えてごらんなさい。ウチの4歳児が我が家の系列にひとりも見当たらないことは、火を見るより明らかなはずです。はは。

初孫であることを割り引いても、両親のこの解釈は妥当です。あまりの引っ込み思案な様子に、私自身が心配しているくらいです。相対的に内弁慶であるとは言え、かつての私の所業に比べれば、その破壊活動など微々たるモノです。ちなみに、かつての私は「障子と襖は破るためにある」と信じて疑っていませんでした。

そういうわけですから、両親にはよく叱られました。ふつう、親が怒る時、どちらかは必ずフォローに回ってくれるものだと思いますが、ウチの場合は2人がかりで怖かった。血の繋がった優しいお姉さんがこの世の何処かに居るはずだと夢想したことも、一度や二度ではありません。ただ、両親に言わせると、「厳しく育てざるを得なかった」、要するに「お互いさまだ」と言うことのようです。

父親の前に正座させられ、ひととおり小言を受けたあと、決まってその終わりは「堪(こら)えちゃる」という言葉でした。これは両親の出身地方の方言なのでしょうか、あるいは、他の地方でも使うのでしょうか、いずれにせよ「赦してやる」という意味です。

振り返って、いまだから言えることですが、「堪えちゃる」という言葉は良い響きだなぁ….と思います。「赦す(あるいは「許す」)」という言葉が、赦す側を一方的に「裁く主体」、赦される側を「裁かれる客体」の地位に置き、そこから一歩も動かさないのに対して、「堪える」という言葉には、そもそも「裁く」という意味合い自体が希薄です。

「堪える」には、被った痛みや苦しみを胸の内に押しとどめ、そのままきちんと抱えようとする「態度」が滲んでいます。もちろん「堪えてやる」という言い方ですから、ある種の権力関係は付いて回ります。ただ、互いにとっての「不幸な出来事」を甘受しようとする決意が込もっているようにも思うのです。

そう考えたとき、「堪えさせたこと」のあまりの多さに、我が身を恥じ入るばかりです。

幸か不幸か、いまのところ、ウチの4歳児に「堪えちゃる」を使ったことはありません。この平穏な状態の「ぶり返し」は、彼が成長するに連れ、早晩やってくるものと思いますが、できることなら「赦す」よりも「堪える」を使いたい。また、その範疇に収まる所業であってくれれば、と思わずにはいられません。

Crop0303

Comments:2

complex_cat 05-10-26 (Wed) 10:53

上二人の息子を育てて,「あなた,こんな大人しいのが男の子だと思ったら大間違いだよ。」ってよく人に言われました。素直で大人しいということについては,特に長男は別格でした。
 で,調子に乗って三人目,やはりサンプル数が増えると,多様性が増します。我が家はようやく「普通の(?)」男の子を手に入れることが出来ました。今までの育児は何だったのだろうという驚きの連続。観察していると,ワイフのお母さんと,私の祖母の形質がありありと具現化しております。

 理不尽なテロに,片方がフォローするどころか,毎日二人で説教。こちらの育児に関することわざ,「三歳児は足跡も憎い」という意味が少し分かってしまいました。

 いかがです? 後,お子さんお二人ぐらい,memorandaさんの直系DNAが発現するお子さんをコウノトリさんが運んできて,その「堪えちゃる」という台詞,口に出来るかも知れませんよ(笑)。

marmotbaby 05-10-27 (Thu) 19:18

C_Cさん、返信、遅くなってすみませんでした。
コメント、楽しく拝読しました(笑)。そうですか…. そんなに違うものなんですね。
2人目以上を求める時、足かせになっているのは、「うっかり私の両親が再現されたらどうしよう?」という恐怖感に他なりません。そんな恐ろしい結果を招くくらいなら….。とは言え、知人に赤ちゃんが生まれたりすると、羨ましくなることも事実。
ホンと、これ以上の博打はありません。ビギナーズ・ラックに恵まれたことはあるのですが、基本的に賭け事には適性が無いのでした(笑)。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/10/%e5%a0%aa%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
堪える。 from memoranda

Home > 昔話 > 堪える。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top