Home > 文具 > 白紙の圧力。

白紙の圧力。

Pen0060

通称「モグラの皮手帳」を愛用しています。使い始めたのは、昨年の7月ころだったでしょうか。

黒いハードカバーにクリーム色の上質紙。機能的には、シンプルの極み。そのくせ、細かいところが行き届いています。裏表紙の裏にポケットが付いていて、切手や名刺やレシートを放り込むのにちょうど良い。ゴムバンドが付いていて、カバンの中でも広がらない。栞の紐も作り込みがしっかりしていて、自分で自分の文庫本を作っている気分になります。

最初に知ったのは、一昨年の暮れ、とあるblogからでした。そのシンプルな作りを見て、いつか手にしたいなぁ….と。ところが地方在住の悲しさ、どこの文具店にもありません。早い話、白紙を綴っただけのものですし、当時の私はblogはおろか、日記すらしたためる習慣も無かったので、所詮自分には縁が無いのだと思っていました。

しかしその後、ブームが訪れたようで、こんな地方の片隅でも、現物が手に入るようになりました。前後して万年筆を手に入れたこともあり(「万年筆とモグラの皮」)、通称「モグラの皮手帳」は、私の生活に欠かせないものとなりました。

ちなみに、万年筆には丸善の「アテナインキ」を使っています。万年筆の場合、裏写りの問題が取りざたされているようですが、幸い「アテナインキ」では、そういった経験がありません。

私が愛用しているのはポケットサイズの罫線入りです。表紙の裏に、使い始めた日の写真を貼り付けます。写真は、すべてポラロイドで撮ったもの。昨年は、ほぼ1ヶ月に1冊のペースで消化していました。基本的には「日記」です。いたって「平面的」な日々の記録。

何処かへ出かければ、その痕跡になるレシートや施設の入場券などを、また、気が向いた時には、ポラ写真を貼り付けることもあります。ただ、太りすぎるのは嫌なので、必要最小限に止めています。

そのくらい、滑り出しは順調だったのですが、このblogを始めた今年の2月以来、めっきりペースが落ちてしまいました。1冊を終えるのに、半年以上の時間がかかっています(笑)。

もちろん、早く使い切れば良いというものではありません。ただ、このblogに綴ることと、モグラの皮手帳に綴ることは、まったく性質が違うので、そのバランスを恢復する手立てを考えなければなりません。

今回、出張が続いたおかげで、ずいぶん、ページが進みました。溜め込んでいた私事を落とすことができたのです。半年近くかかった6冊目、ようやく終わりが見えてきました。

同じシリーズに、ダイアリーもあります。東京では未だ発売されていなかったのですが(どうやら、誤植が原因のようでした)、こちらに戻ってみると、馴染みの文具店から留守電が入っていて、「入荷してますよ」とのこと。さっそくポケットサイズのウィークリータイプを入手しました。

目下の課題は、購入後、1年近く放置しているラージサイズのルールドです。ざっくり使うには勿体なく、構えてしまうと進まない。白紙の圧力(プレッシャー)とは恐ろしいものです。

Pen0061 1

こちらは、ご参考までに。

MOLESKINEUS

moleskinerie legends and other stories

flickr group : Moleskinerie

Moleskine Art

Comments:3

散歩道 05-09-22 (Thu) 11:44

■marmotbabyさん、
なかなか凝性だな(間違っていたらごめんなさい)と思って拝読しています。
「モグラの皮手帳」をお使いでしたか。私も以前、消してしまったblogのエントリーとして
手帳を取上げました。ず~っとシステム手帳を使っていたのですが盗難に遭い、さて何を買おうかと思い悩んでいたときに候補に上がったのがモールスキンの手帳でした。結局は「ほぼ日手帳」になったのですが、つい先日縦開きのスクェアを注文したばかりなのですよ。

jj 05-09-22 (Thu) 21:40

僕もこれです。先日2006年のweekly diaryを買いました。

marmotbaby 05-09-22 (Thu) 22:38

>散歩道さん
こんばんは。以前なら「ハイ、そうなんです!」と即答していたと思うのですが、最近は詰めの甘いことばかりで、「凝り性」にはためらいを憶えてしまいます。それと引き替えに、身体が凝るようになりました(苦笑)。
そうですか、「ほぼ日」ですか。これも評判が良いですよね。私の場合、「スケジュール」はシステム手帳、「日記」は「モグラの皮手帳」に分担しています。システム手帳はバイブルサイズですが、かさばるのがダメなので、リング径は15mmくらいのものを使っています。

>jjさん
こんばんは。そうですか、jjさんも「モグラの皮手帳」でしたか! お目にかかったことが無いのに、こういう言い方は失礼ですが、サマになるだろうなぁ…..と(笑)。
ところで、昨年のポケットダイアリー、だしかヴァーティカルじゃなかったでしたっけ? なんだか、使いにくそうだったので、昨年は敬遠しちゃいました。私は今回の2006年タイプが好みですねぇ〜。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/09/%e7%99%bd%e7%b4%99%e3%81%ae%e5%9c%a7%e5%8a%9b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
白紙の圧力。 from memoranda
pingback from memoranda - 続 続 続 続 来年も赤い。 10-08-06 (Fri) 19:58

[...] 「白紙の圧力。」(2005年9月21日) [...]

Home > 文具 > 白紙の圧力。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top