Home > 思惟 > 怒号か罵倒か。

怒号か罵倒か。

Crop0016-4

自転車通勤を始めて、約2ヶ月が過ぎました。ここ2週間ほどは、仕事で車を使わざるを得ず、また雨の日も多いので、なかなか乗ってあげられない日が続いているのですが…..。

以前のエントリーにも書いたとおり、当初は、片道わずか5kmの距離にヘロヘロになる自分自身に凹んでしまい、機械のインプレどころではありませんでした。

ようやく、自転車が私の体に馴染んでくれた気がします。LOUIS GARNEAULGS-TR1。「スタイリッシュなママチャリ」などと形容したことを反省しています。いや、すごく良い機械です。

もちろん、上を見ればキリは無いのでしょうが、いまの私には充分に満足できる乗り心地です。フロントサス、シートサスも、当初の硬さがほぐれたのか、その威力がいかんなく発揮されています。

購入した当初、お店の人に「馴染むまで1ヶ月くらいかかりますよ」と言われていました。また乗り続けているとワイヤーの類がズレるので、ひと月に1度は点検に来い、とも。このあたりが、お店で買った安心感でしょうか。

数年ぶりとなる自転車通勤でしたが、身体が道を憶えるにつれ、周囲に注意を向ける余裕も出てきました。土地柄でもあるのでしょうか、とにかく、自転車乗り(とくに、比較的若い成人の方)のマナーの良さには驚かされます。

特に細い歩道を行き違うとき、ほぼ例外なく「すみません」「ごめんなさい」とハッキリ声をかけられるのには驚きました。あたりまえですが、車通勤にはありえない光景です。行き違うだけの一瞬に、生身の声が交わされることに、少し驚き、心暖まるものがありました。

苦手なのは交通指導員さんでしょうか(もちろん、「人」に依りますが)。乗り始めた当初、こちらもぜーぜー言っていますから、「おはようございます!」などと言われても、返せる余裕があるはずもなく、会釈さえままならない状態でした。

そんな事情を知ってか知らずか(たぶん、知らないと思います)、行き過ぎた私の背中めがけて、怒号とも罵倒ともつかない「おはようございます!!!」の「つぶて」が容赦なく降り注ぐわけです。その後、ルートを微調整したことは言うまでもありません。

身体にも微妙に変化が生じつつあり、太腿の「張り」がなんとも心地良い。眠っていると、ぽかぽかと暖かく、その感覚だけでも「健康」を実感します。

もっとも、未だ2ヶ月足らずです。当面の目標は、この真夏を乗り切って、「習慣」に定着させることでしょうか。

Crop0014-4

Comments:2

io 05-07-07 (Thu) 23:10

チャリ通の目的は人さまざまでしょうが、無理なく気持ちよくが基本です。私も十年以上+週数日のジョギングで体の調子はすこぶる良いです。がんばった分だけ体も応えてくれる。

マナーの良さはうらやましい。子供を乗せてケータイを打つ母親の多さにはまいります。

marmotbaby 05-07-07 (Thu) 23:43

ioさん、こんばんは。
おっしゃるとおりで、ホントにゆっくり、流すように走っています。それでも、当初はドア・トゥ・ドアで30分ほどかかっていたのが、いまでは20分で行けるようになりました。きっと、良いルートに当たったのだと思います。
もちろん、マナーの悪い(と言うよりも「適性」があるとは思えない)方もいますが、それ以上に、良い方に出くわすことが多いようです。
しかし、子どもを乗せて携帯を打つとは….ある意味、ハイレベルな運転技術かもしれません。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/07/%e6%80%92%e5%8f%b7%e3%81%8b%e7%bd%b5%e5%80%92%e3%81%8b%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
怒号か罵倒か。 from memoranda

Home > 思惟 > 怒号か罵倒か。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top