Home > 写真機 > 平身低頭。

平身低頭。

Crop0033-3

撮影に出かけるときは、たいてい、カミさんと子どもを同伴しています。カミさんからみれば、家族でお出かけのさい、頼みもしないカメラマンがくっついてくる、それも、自分たちを撮るわけでもなく….と言ったほうが正確かもしれません。

とは言え、私にとってカミさんは、極めて優秀な「アシスタント兼カメラバッグ」です。ただ、カメラマンの方がひたすら平身低頭するアシスタントなのですが。

F3を肩にかけ、GR1vを持ち出すのが、いつものスタイルです。このスタイルだと、動きの自由度が確保できます(GR1vは、ベルトに吊り下げるケースに入れています)。F3を構えても、GR1vを構えても、他のカメラが邪魔をしたりすることがありません。

ただ、スペアのフィルムや電池の収納場所が無いために、いきおい、カミさんに頼ることになるわけです。出かけぎわのドサクサに紛れ、3本パックのAgfa Precisa100を1箱(長期の外出なら2、3箱)、カミさんのカバンに放り込んでおきます。

このことをウッカリ忘れて、迂闊に「フィルム、ちょうだい」などと言うと、「なんでこんなものが私のカバンに入っているのか?」と問い質されることになります。交換レンズを持たせているわけではないので、そのくらいは許容範囲ではないか?とも思うのですが…….。

実は、明日から3日間、少し早い夏休みを頂いて、家族と友人とで離島へ出かけます(なので、明日からしばらく、更新が途絶えます。すみません)。今回は、F3とPen S2.8を持って行こうと考えています。ただ、そこでハタと困ったことが。

F3とPen S2.8の場合、2台のカメラをぶら下げて歩くことになります。さすがにこれは苦痛。GR1vなら、ベルトに通したケースに収納できますが、Pen S2.8の場合、ぶら下げるしかありません。身体に2本のストラップが巻き付いていることを想像しただけでゾッとします。

いまさら手遅れですが、Pen S2.8をお伴させるのに、なにか良いカメラバッグは無いものかなぁ….と考えています。どのみち交換レンズは持ち歩きませんから、せいぜい、Pen S2.8の出し入れが簡単で、スペアの電池とフィルムが入れば充分なのです。

ウェストポーチという選択もありますが、以前、使ってみて、自分の体質には合わないことが判明しています。ですから、やはりショルダー型、と言うことになるのでしょうが……。

ま、つべこべ言わず、1台に絞ってしまえば、コトは簡単なのですが。

Crop0035-2

Comments:2

jj 05-07-16 (Sat) 0:28

撮影時に身軽なのは良いですよね。奥様、フィルムを持っていてくれるなんて素敵です。
僕も嫁にハッセルのマガジンにフィルムを装填する方法をさりげなく教え込んで、もう一つで撮影している間に交換を…と目論んだのですが、さらっと見透かされました :-) ご旅行のお写真、楽しみにしています。

marmotbaby 05-07-19 (Tue) 21:40

jjさん、返信、遅くなってすみませんでした。
「夫婦は趣味を共有するのがいちばん」と、亡くなった祖母が良く言っていました。ですから、カミさんにも写真に興味を持たせようと画策したのですが、未だに果たせずにいます(号泣)。
離島での写真、36枚撮りで9本になりました。昨日、現像に出して、今日、仕上がったのですが、現像時の不具合としか思えないトラブルが散見され、その検証とやり直しに出しているところです。すくなくも2週間はかかるとか…..。ちょっと、ツラいところです。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/07/%e5%b9%b3%e8%ba%ab%e4%bd%8e%e9%a0%ad%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
平身低頭。 from memoranda

Home > 写真機 > 平身低頭。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top