Home > 自転車 > LOUIS GARNEAU LGS-TR1。

LOUIS GARNEAU LGS-TR1。

Crop0008-5

車に乗り始めたのは、就職してからのことです。それまでは完璧な自転車青少年でした。高校時代、祖父によると「2里半だな」ということでしたから、片道約10kmを毎日、通っていたことになります。

昨日の続きです。「単体露出計」という物欲は、いつのまにか「自転車」という「ブツ」に置き換わっていました(C_Cさん、すみませんでした。単体露出計は、いずれ必ず…)。以前のエントリーにも書いた自転車通勤を、ようやく実行に移すことになったのです。ここでためらっていると、またぞろ梅雨を迎え、結局、越年してしまいますから…..。

購入したのはLOUIS GARNEAU(ルイガノ)のLGS-TR1という自転車です。恥ずかしながら、今回、「クロスバイク」なるタイプがあることを初めて知りました。マウンテンバイクとロードバイクの良いとこ取りをしたタイプと言えば良いでしょうか。

TR1は、そのなかでも入門機的な位置づけのようで、価格も相対的に安価です(ある意味「荷物を積載できないスポーティなママチャリ」と言った方が正解かもしれません)。

色は黒を選びました。サードパーティ製の泥よけを付け、雨上がりの道でも安心して走れるようにしています。いじったのはそれくらい。比較対象として、ほぼ同じ価格帯のGIANT Escape R3という機種もあり、重量の軽さは大いに魅力的だったのですが、色がダークグリーンとホワイトしかなかったこと、LGS-TR1はフロントサスペンションに加えてシートサスペンションが付いていたことが決め手になりました。

…..と、ここまで来れば、当然、LGS-TR1のインプレッション、と行きたいところです。しかし、機械のインプレどころの騒ぎではなく、ナマってしまった自分の身体へのインプレの方が強烈でした。受け取って自転車屋さんを離れるとき、いくらギアが重く、上り坂気味だったとは言え、ハンドルがフラついてしまったのは、かえすがえすも情けない。その後、10分ほど慣らし運転をしましたが、タカがそれしきのことで太腿が笑いまくる始末です。

ホンとに、続くのかな….。本格的に自転車に乗るのは数年ぶりになります。自転車って、こんなに衝撃のあるものだったっけ? かつての栄光と感覚を取り戻すには、もう少し時間がかかりそうです。

Crop0002-5

Comments:7

io 05-05-11 (Wed) 11:10

自転車購入おめでとうございます。僕も片道約10kmのチャリ通勤です。もう10年以上続いています。だから足の筋肉も若者には負けません。ふふふ。とにもかくにも健康作りは継続が大切かと思います。

クロスバイクは私も使っています。マウンテンよりスピードが出るので走りやすいです。

marmotbaby 05-05-11 (Wed) 12:00

ioさん、こんにちは。早速のコメント、ありがとうございました。
ioさんも自転車ツーキニストでしたね。ただ、片道10kmとは知りませんでした。50分くらいかかるのでしょうか?
自転車が届いたのは日曜日だったのですが、週明けから3日間、車を必要とすることがあり、明日からということになりそうです。スタートからこの始末です。情けない。
目下の悩み。仕事の都合上、どうしてもスーツでの出勤になるのですが、やはり、職場に着替えは必須でしょうか。また、雨の日はどうしておられますか?
いろいろと教えて頂ければ幸いです。
自家現像、順調にスキルアップしておられるようですね。この点も煽られまくって困っています(泣笑)。

jj 05-05-11 (Wed) 22:09

はじめまして、photoblogs.orgからです。
このお写真、広がりがあって素敵ですね。空の色が美しいです。

僕も自転車好きでしてMTBに1インチ幅のスリックタイヤを履かせて喜んでいます。
通勤となると大変、事故にはくれぐれもお気お付けください。

それから、リンクさせてくださいね :-)

tetsu 05-05-11 (Wed) 23:35

こんにちは。
奇麗な写真ですね。なんだかSF映画のワンシーンのようです。

僕も時々思い出したように自転車に乗っています。マウンテンバイクです。ゲーリー・フィッシャーというメーカーなのですが、自転車屋の店員曰くこのフィッシャーおじさんが初めてマウンテンバイクなるものを作ったのだそうです。うんちくを聞いているうちに買うことにしてしまいました…。
この季節は自転車に優しくて、気持ちがいいですね。

io 05-05-12 (Thu) 11:46

こんにちは。経験上からアドバイスを少々。

  • 自転車に乗る距離にもよりますが、これからの季節汗はかきますので、着替え(少なくともTシャツは)必須です。タオルもお忘れなく。
  • ご存知かと思いますが、右足の足首にズボン留めを。
  • 少々の雨なら僕はゴアテックスのアノラックを着て行っちゃいます。とにかく電車が嫌いなので。
  • できることならスーツは会社のロッカーが理想的。僕はそうしています。

片道役10kmなのですが、時間は30分ほどです。かなりのスピードでかっ飛ばします。(笑)つまり一番重いギアを多用します。

がんばってチャリ通してください!

PS:確かに上の写真は素晴らしい空です。距離感・立体感がドンピシャですね。グレイト!

marmotbaby 05-05-12 (Thu) 21:21

>jjさん、はじめまして! コメント、ありがとうございました。
実は、Pulpo Weblog、ちょくちょく覗いていました。この件、あとでそちらに伺ってコメントしますね。
自転車通勤の件、ご心配頂き、ありがとうございました。

>tetsuさん、こんばんは。
写真ではなんとも美しい光景のように見えるかもしれませんが、実際は大変でした。傾斜がキツい上に、足下がすくわれるようで、いっこうに上って行けません。おまけに、見えない砂粒が飛散しているのでしょう。砂丘の上でのフィルム交換はヒヤヒヤものでした。駐車場に戻ってみると、靴の中に大量の砂….。そうか、ユーラシア大陸を旅されたtetsuさんには、釈迦に説法でした(笑)。

>ioさん、的確なアドバイス、ありがとうございました!
さ、30分ですか? ひょっとして、下手な車よりも速いとか? 私の場合、片道5kmで30分ですよ。どう考えても、半分には縮まりそうにありません(笑)。
しかも、雨の日も乗っておられるとは…..でも、くれぐれもお気を付け下さい。

marin 05-05-13 (Fri) 0:52

marmotbabyさん、こんばんは。
やった!これでmarmotbabyさんも自転車仲間ですね。それにしても写真好きの皆さんがこんなにも自転車に乗っておられるとは驚きです。

かく言う私も、毎日片道7kmの自転車通勤です。所要時間は朝は20分弱、帰りはいくらか上りなので25分くらいです。日本の道路事情が自転車に対していかにお粗末であるかを日々実感しています。自転車仲間が増えることが少しでも状況改善に繋がってくれれば...と思うのですが、私の住むところは車がないと生活していけない所なので、自転車に乗っているのは学生とお年寄りばかりなのです。(最近では歩行者も学生とお年寄りだけしか見かけません。)車ばかりだと街がどんどん殺風景になっていきます。自分の住む街の写真をあまり撮る気がしないのも、そんなところに理由があるのです。

カッコイイ自転車乗りが増えてくれることを願うばかりです。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/05/louis-garneau-lgs-tr1%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
LOUIS GARNEAU LGS-TR1。 from memoranda

Home > 自転車 > LOUIS GARNEAU LGS-TR1。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top