Home > 思惟 > ニュータウンの寿命。

ニュータウンの寿命。

0003 Sx-70

明日から週末にかけて、再び雪が降るようです。とくに土曜日は暴風雪になるとのこと。今週の初めには、「あ、もうすぐ春が来るのかな?」と思わせるような気温でしたが、やはり甘くはないようです。

昔ほど「雪国」では無くなったようですが、それでもひと冬に3回くらいは大雪が降ります。赴任した当初は、雪慣れしていなかったこともあり、大雪の日には徒歩か自転車で通勤していました。以前、暮らしていた土地では、間違いなく、車の方がリスクが高かったからです。

しかし、むしろ車の方が安全なのだと気付くまで、それほど時間はかかりませんでした。どの車もスタッドレスタイヤを履いていますし、また誰もがスピードを落として安全運転です。歩道を行く人など、ほとんどありません。おかげで、歩道の方が危険が大きいのです。とくに、積雪の翌日、一晩明けて凍結した歩道など、とても歩けたものではありません。車道の方が融雪も早く、間違いなく快適です。

とは言え、融雪の早い車道は主な幹線道路だけ。少し脇道に入ると、状況は一変します。郊外の、山を切り拓いて造られたニュータウン、そこに暮らす気の毒な同僚は、自宅に辿り着くまでの、残りわずか20mほどの坂道のために、入口でチェーンを巻かなければならないそうです。ニュータウンへの進入路が、一日中、日の当たらない場所であるが故の苦行だとか。知っていれば買うんじゃなかったと、毎冬、ぼやいています。

おとといのエントリーの続きではありませんが、昭和50年代〜60年代に造られた”ニュータウン”では、いま、高齢化を迎えて「坂道対策」が深刻な問題なのだそうです。そう思って周りを見渡してみると、ニュータウンにも寿命があるのだな、と思えてきます。すべてが機能的に出来上がることのツケ回しでしょうか。

0004 Sx-70

Comments:1

dimitri 05-02-27 (Sun) 7:53

this is a beautiful image! i love the snowy branches, very very nice. you have some really nice images on your site!

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/02/%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%af%bf%e5%91%bd%e3%80%82.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
ニュータウンの寿命。 from memoranda

Home > 思惟 > ニュータウンの寿命。

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top