Home > 電視 > 『されど、わが愛』

『されど、わが愛』

  • February 8th, 2005 (Tue) 10:57
  • 電視

Image031

平成7年8月5日、NHKで放映されたドラマのタイトルです。海外では”Hideo’s journey”というタイトルで紹介されているようです。いまから10年前にもなるのですね。とても骨太なドラマです。主役の俳優さんの抑制された演技はむろんのこと、このドラマにかけたスタッフの思いが伝わるドラマでした。10年前の作品ですが、色褪せることなく、輝きを放っています。

原爆を描いたドラマは数多ありますが、「被害者」ではなく、「加害」という視点で描いたドラマをほかに知りません。

観ようによっては、非常に政治的な内容です。そのことが、この作品の評価を貶めるなら、なんとも不幸なことと言わざるを得ません。

一視聴者としては、そうした政治的な思惑云々よりも、そこに描かれた親子の葛藤に心動かされるのです。「原爆」がテーマですが、戦争の場面はひとつも出てきません。描かれているのは、あくまで「現在」を生きる人々の物語です。それはつまり、払拭しきれぬ「過去」を背負った人々の、言葉には尽くせない葛藤です。

ある時代の「正しさ」が後の世代に断罪される。断罪する側も身を切られる思いで過去を探す。お互いが求めていたのは、いわば「赦しのよるべ」とでも言うものでしょうか。「私たちは繰り返しませんから」という碑文、その本当の意味を伝えてくれる作品です。

Image0025

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://memoranda.egoism.jp/blog/2005/02/%e3%80%8e%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a9%e3%80%81%e3%82%8f%e3%81%8c%e6%84%9b%e3%80%8f.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
『されど、わが愛』 from memoranda

Home > 電視 > 『されど、わが愛』

Spider
Recent Entries
Recent Comments
Archives
Categories
Now Playing
flickr Photostream
DSCF7851DSCF7849DSCF7848DSCF7846DSCF7844DSCF7840DSCF7839DSCF7853DSCF7833
TagClouds
Search
Feeds
Meta
Counter

Return to page top